開運七福神

箱根・小田原地方伝統の、ろくろを使って手作りされる挽物細工。中でも高い精度が要求されるのが入れ子細工です。箱根の入れ子細工はロシアのマトリョーシカのルーツとも言われています。開運七福神は7人の神様が最高の轆轤技術でぴったりと重なり合うよう作り上げられた逸品。一番小さい神様からはあなたの願い事を叶えてくれる小さな打ち出の小槌が現れます。飾り台付き。彩色仕上げ。
絵師:石井清司

高さ112mm 〜 18mm
材質ミズキ